FC2ブログ

ノベルNo.1「10(最終回)」

「10(第一回)」はこちら
「10(第二回)」はこちら
「10(第三回)」はこちら
「10(第四回)」はこちら
「10(第五回)」はこちら
「10(第六回)」はこちら
「10(第七回)」はこちら
「10(第八回)」はこちら
「10(第九回)」はこちら
「10(第十回)」はこちら
「10(第十一回)」はこちら
「10(第十ニ回)」はこちら
「10(第十三回)」はこちら
「10(第十四回)」はこちら
「10(第十五回)」はこちら
「10(第十六回)」はこちら
「10(第十七回)」はこちら
「10(第十八回)」はこちら
「10(第十九回)」はこちら





1:20 覚悟を決める

「キヨミ、僕はこの結果を素直に受け入れている。
だけどね、辛くないんだ!もちろん、キヨミを残してしまうことには
凄く後悔している。これから先、いろんな思い出を作っていこうと
思っていたし、新婚旅行だって、ちょっとハプニングとかあるくらいが
楽しいかな~。なんて、あと子供は・・・」

「もう、いいよ・・・ウゥ・・・」

「キヨミ!僕の話を最後までちゃんと聞いて!
子供は二人。とりあえず男の子は欲しいな♪
そして、少しおとなしいパパはいつも子供に負けちゃうんだ。
でもね、どうやらそれは企画倒れになっちゃいそうだね。
だけど・・・だけどね、キヨミ、僕はあの時まで人生に対して、
夢や希望を持ったことなんてなかったんだ。おかしな話だけどさ、
10分経てば、なんとかなる。10分経てば何かが起きる。
そして、ごく普通に平坦な道を歩んでいく。なんの変化も求めず、
ただ“生きている”だけだった。そんな深い闇の中にいた僕を、
キヨミは照らしてくれた。人として“生きる”ことがどんなことかを
教えてくれた。僕は“生きる”事の希望が見えただけで、
凄く一分一秒満足だった!まあ、一歩ずつ死に向かっている
人間が言う台詞じゃないかも知れないけどね。」

キヨミはまた、私にかぶさって来たが、
すぐに唇を噛み締めながら体を起こした。
「キヨミはあの時太陽になりたいって言ったよね?」

(コクッ)

「今度は僕がキヨミの太陽になる番だ!
太陽に太陽は必要無いと思ってる?
僕はそんな事はないと思う。キヨミだって、
太陽のように活発に明るく振舞っているけど、
やはり月のような部分だってあることに気付くようになったよ。
人はね、誰しも、太陽であり、月であり、そして地球であると
思うんだ。だからお互いがお互いを必要とする。
だから支え合っていけるんじゃないかってね。
だから・・・だから!僕が居なくなって辛いのかも知れないけど、
僕は君の事をこれから永遠に照らし続けるから!だから・・・
今までどおり、時には太陽になり、時には月になって、
人間らしい輝きを持っていて欲しい!」

キヨミは力強く私にしがみつき、大きな声で泣いたが、
私の体に口を密着させているせいか、あまりその声は、
室内に響かなかった。
キヨミはそれから顔を上げることは無かった。

いや、僕は顔を上げた姿を確認することが出来なかった。

「5/30 1:40」

・・・あと、10分顔を見ていられたら・・・

・・・あと、10分生きていられたら・・・

・・・あと、10分・・・


(終わり)

↓ あとがき?! ↓
え~・・・え~・・・
まずは、処女作のクセに20回もの連作になってしまったにも
関わらず全てに目を通して頂いた方本当に、おつ・・・
ありがとうございました。

せめて「10」回で終わるか、「10」分で読める程度にすれば
良かったですね・・・。

そして、私も顔が上げられません。

恥ずかしすぎて!!!

本当は、ここで作品についてあれこれ言い訳がましいことを
つらつらと書こうと思ったのですが・・・
日を追うごとに、「お、俺何書いてんだろう・・・」と、
顔が紅潮してまいりました。

なので、もう本人は何も言えません。

でも、懲りてはいません。
やっぱり一度排出したことで、相当反省点が見つかりましたので!
だから、また誠に勝手ながら書くこともあると思います。
その時は「また、やってるよ~」くらいで流してください。

さ~て、次回は・・・

あ!小説の予告じゃないですよ!

次回は、久しぶりに自身の行動録でも。

(本当に恥ずかしいから早くこの記事流したい。)

しかし、小説は処女作、AB型、昔サッカーやってた、
妻が・・・まあ、これは置いといて、
挙句は名前の文字数まで一緒。でも、何が違うんだろう・・・。
渦中のあの方と・・・顔か♪

コメントの投稿

非公開コメント

こんばんは。

起床から始まって、どう進むのか!?

ボスは楽しませてもらいましたよ v-17v-221

No title

面白かったですよ!!

私にも文章力があれば・・・orz

アキヒサさんの才能が羨ましい。

No title

最初はおちゃらけかと思ってたんですが、
話が意外な方向に進んだのでビックリでした。
こういう、「読ませる」文章というのは
一朝一夕でできるものじゃないと思います。
10分と言わず、色々やって下さい!

う~~~~ん・・・

・・・・もう1回読んで、いい?

頭の回転が悪いあっしには、時間が必要なようです。
しかし、続きが気になるぞ!!と思わせることができたのなら

ふっふっふ・・・
ナウくん、君の勝ちだ。
はい、賞金の100円・・・い、いや100万円・・・え?なに?
そんなものは用意してない?どうすんだよこの企画!

ボス。さん江

起床から始まって、20日も掛かってしまいました・・・。

それなのに、日々お付き合い頂き
有難う御座いました♪

また、書くこともあると思いますが、
その時は、ちょっと”やり方”をしっかり
考えたいと思います!

黒店員さん江

いえいえ、滅相も御座いません。

私にはまだまだ文才の”ぶ”の字も出てきません。

違うところからは”ぶ”っと出て・・・失礼。

ただ湧いてでた言葉をつらつらと並べてしまうだけなので、
どうしても支離滅裂になってしまいます。

今(now)度はもっとしっかり構成力も
身に付けないと~・・・。

けうけうさん江

ブログベースが”おちゃらけ”ですからね。

本当は漫画で描きたかったのですが、
ストーリーを作る時は、ちょっと違う面も出したかったんですよ~。
まあ、出し切れなかったですが・・・。

そして、これ申し訳ありませんが、
「一朝一夕」で書いてしまったんです。
”第一回”の時点で既に全部書き終わってました。

だから、もう矛盾も設定ミスも誤字脱字も・・・。
挙句は本人も予想外の展開に・・・。

ま、いずれストーリーが漫画で描けたらいいな~♪

親方あやかし堂さん江

あ!なんかめっちゃ久しぶりに
親方にコメントした気がする!!

まあお互いバタバタでしたからね~・・・。
(私はサボり?!)

もう一回ですか?・・・う~~~ん、
実はその言葉凄く胸に刺さります!
何故なら・・・私自身が”読み返し”をしていません・・・。
ちゃんとして、きちんと完成させなきゃと思ったのですが。
ほぼ草案状態で書きっ放しのまま、
アップしちゃいました・・・。

こういうときに性格が出ちゃうんですね・・・。
せっかちで、えーいままよ!!みたいな・・・。

というわけで勝負は痛み分けってことで♪

私も

意外な展開でした
まさか、ハッピーエンド(とは言わないか)で感動的に幕を閉じるとは想像してなかったです

また続編待ってま~す

93さん江

なるほど!視点によっては、ハッピーなんですね♪
メモメモ・・・

感動的かは、さておき、とりあえず、
なんとか幕を引けて安心しました・・。
書き始めたときは、最後の事まで、
あまり深く考えていなかったので・・・。

はぁ~まさかこうなるとは・・・。

No title

アキヒサナウさん、

こんばんは^^

う~ん、やっぱり多才ですね~・・・羨ましいです!!
このお話、どれくらい考えて書かれたんですか?
最初から結末まで決めて書かれたんですか?
それとも成り行き?・・・

読みながら色んな聞いてみたいことが湧いていました・・・

これからもまた読ませて、そして見せて下さいね^^
楽しみにしています・・・

EkaterinaYoghurtさん江

いえいえ、きちんと出来上がっていれば
「多才」なのかも知れませんが、
全然中途半端なので、とりあえず片っ端から
噛り付いているだけです・・・。

以下、質問にお答えします。

Q1.どれくらい考えたか?

A1.3~4時間です。読み返しをしてないという最低なやつです。

Q2.最初から結末まで決めていたか?

A2.漠然と「流れ」だけは決めていました。
でも、登場人物やつなぎ方は全然決めていませんでした。
結末もまさかこうなると思いませんでした。

考察

もっとしっかり背景や設定を細かく決めておかねば
駄目でしたね・・・。
ましては、誤字脱字が・・・。
今(now)後、懲りずに頑張ります。
プロフィール

アキヒサナウ

Author:アキヒサナウ
かっこよくはなれません。

が、かっこつけます。

が、かっこつけたら、

ふざけます。

カテゴリ
Tumblr
ツイッター