FC2ブログ

Tシャツ制作過程

完全、独学洋裁です。
型の作り方、縫い方全てが我流です。
またもちろんの事、専門知識・言語も
ありません。
従って、多々おかしな部分が
あると思いますのでご了承下さい。


A.パターン
 CADにて、パターン作成し、A4サイズに各部を
 区切り、出力し、貼りあわせます。

cadpattern1.jpg
CADによるパターン
(二点鎖線はA4の区切り)

pattern1.jpg
A4出力後貼りあわせた型紙


B.裁断
 布地を二つ折りにし、パターンを乗せ、
 チャコ等で型を取り、裁断します。

cutwork1.jpg
裁断風景

cut1.jpg
裁断後のパーツ
(前・後、袖x2、衿)


C.縫製
 普通のミシン(マシンはこちら)で、各パーツを縫製していきます。
 ロックミシン等使えば、手間は省けるのでしょうが、
 未だ手が出せないため地道に直線縫い→ジグザグ縫い
 →余分な部分を裁断という作業を行っております。

straight1.jpg
直線縫い

zigzag1.jpg
ジグザグ縫い

cut2.jpg
余分な部分をカット

pretshirt1.jpg
縫製完了


D.絵入れ
 シルクスクリーン用のインクを使用し、
 筆で直接絵を描きます。
 いずれ、思ったまま直接絵を描けるように
 なりたいのですが、一発勝負のため、
 現在(now)は下絵を一度描かないと、
 恐ろしくて出来ません。

ty1.gif
下絵(Tシャツその3時)

090916b.jpg
道具
(シルクスクリーンインクと筆)

090916f.jpg
絵入れ風景
(Tシャツその3時)

tshirtfin1.jpg
絵入れ終了
(Tシャツその3時)


E.仕上げ
 インクをよく乾燥させ、ぬるま湯にて
 手洗いします。手洗い時、インクの薄れた部分を、
 補修し、再度手洗いし、乾燥させ終了です。
 完成したものは、インク落ちによる、
 色落ち等御座いません。もちろん、洗濯も通常の
 洗濯で問題は出ておりません。

weared1.jpg
実着用時
(Tシャツその3時)

余談ですが、自身が二週間に一度程度の頻度で
3年超着用し、モニタリングしましたが、
一応これといった問題は起きておりません。
なので「Tシャツ」としては機能していると思います。
スポンサーサイト



プロフィール

アキヒサナウ

Author:アキヒサナウ
かっこよくはなれません。

が、かっこつけます。

が、かっこつけたら、

ふざけます。

カテゴリ
Tumblr
ツイッター